桜井高校OBが母校で出前講座

掲載日:2019/02/21

 黒部河川事務所は、2月19日(火)に地元の桜井高校で出前講座を開催しました。
 講座は、「北陸建設界の担い手確保・育成推進協議会(富山県部会)」の取り組みの一環として、土木科2年生(40名)を対象に、将来の進路を決める際の参考にしてもらうために行ったものです。この取り組みは平成27年度から継続して取り組んでいるもので、今回で4回目の開催になります。
 
 講座では、土木に関わる公務員と民間の仕事について、公務員からは同校土木科卒業生の黒部河川事務所調査課 多東調査第一係長と立山砂防事務所水谷出張所 高村技術係長、民間会社からは大高建設株式会社 大海寺氏と株式会社飯作組 亀田氏の4名が講師となり、それぞれの立場から経験談や後輩へのアドバイスなどを話しました。

 講座の後半では、公務員志望と民間会社志望の班に分かれ座談会形式で意見交換会を行いました。生徒の皆さんからは、「これまで一番やりがいがあった仕事は何ですか」「資格取得以外に必要な勉強はありますか」「怖い先輩はいますか」といった仕事・職場に関係する質問のほか、「出会いはありますか」「将来の夢はありますか」など、普段は聞けない質問が多く出され社会人としての心構えを熱心に聞き入っていました。

 今回の講座が、今後の高校生活を送るうえでのやる気や新たな目標につながると共に、進路を決める際の参考になれば幸いです。

 開催概要については以下をご覧ください




※写真・「File Data」ボタンをクリックすると拡大写真・データを見ることができます。